大勝軒よ、ありがとう!・面白ニュース、仰天ニュース、芸能ニュースからあなたの街のタウンニュースまでニュースで世相を斬りまくります。政治や社会、文化、ゴシップニュースまで、ちょっと辛口のコメントにお付き合いください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大勝軒よ、ありがとう!


つけめん元祖「大勝軒」46年の歴史に幕

「つけめん」発祥の店として知られる大勝軒(東京・豊島区東池袋)が20日、46年の歴史に幕を下ろした。区画整理の対象となったことが閉店の理由だが、サヨナラ営業には400人を超えるファンが殺到。伝説的人気店との別れを惜しんだ。

 店の前には徹夜組も含む長い行列。上空には報道陣のヘリが飛ぶほどの過熱ぶりだった。大勝軒「最後の客」となった網島光義さん(31)は9時間並んで「もりそば」を文字通りのラストオーダー。「最後で感激!」と鼻をすすった。

 オーナーの山岸一雄さん(72)は3年前から体調不良で調理場に立つことはなくなったが、この日は最後まで見届けた。長野の中学を卒業後、17歳で上京。厳しい修業を積んで考案したつけめんは、ラーメンブームにも乗り一気に全国へと広がった。

 「店員が昼時に忙しくてつゆにめんをひたして食べていたのをお客さんが見ていた。『おいしそう。オレにもくれ』と。試しに出してみたら喜ばれた」。「つけめん」と呼ばず、当時の名称「もりそば」で呼ばれる。のれん分けした店は100を超えた。

 山岸さんは今後「ふがいない」と嘆く巨人の応援に専念するが、店長の芝木俊男さん(59)が意思を受け継ぎ「東池大勝軒御箱(とういけたいしょうけんおはこ)」(仮称)を、オープンさせるという。のれんを外した芝木さんは「これでこの店は終わりますがオーナーの味をしっかり受け継いでいきます」と目を赤くした。

 また大勝軒の山岸社長は業界で「ラーメン界のカリスマ」とされる存在という。「今の店長たちに多い50代にとって山岸さんは、優しくて“オヤジ”という人柄だった。一つの店舗から弟子100人を輩出したというのは類をみない」

 ライバルのラーメン店の店主からも閉店を惜しむ声が多く挙がっており、ラーメン博物館に入っている有名店の店長たちも「2月から3月にかけて、みんな大勝軒に食べにいっていました」という。

(引用:Livedoorニュースhttp://news.livedoor.com/trackback/3084644)



つけめん元祖「大勝軒」46年の歴史に幕
「つけめん」発祥の店として知られる大勝軒(東京・豊島区東池袋)が20日、46年の歴史に幕を下ろした。区画整理の対象となったことが閉店の理由だが、サヨナラ営業には400人を超えるファンが殺到。伝説的人気... 2007/03/21 18:45:21

池袋「大勝軒」閉店
つけ麺元祖“最後の日”に400人という記事より。 “つけ麺(めん)の元祖”としてカリスマ的な人気を誇った東京豊島区のラーメン店「東池袋大勝軒」が20日で閉店し、45年の歴史に幕を下ろした。 2007/03/21 7:31:57

つけ麺の「大勝軒」閉店 後継は南池袋店主
山岸 大勝軒」HPに山岸一雄社長の名で、「改めて新店舗を出さないのかというご要望を賜り、私の息子代わりで、現在『南池袋大勝軒』の店主である、飯野敏彦を2代目として、山岸大勝軒の暖簾を譲ることに致しまし... 2007/03/20 18:00:13

東池袋の大勝軒
いよいよ東池袋の大勝軒が閉店となってしまいます。 しかし我々としてはまだまだ食したいと思うところだと思います。 そこで、皆さんがこの「東池袋の大勝軒」に最も近い味、 または、その味を受け継いでいる提供... 2007/03/20 17:20:49

大勝軒@日の出町であつもり
大好物のつけめん、有名な「大勝軒」で食べてきました。大勝軒って、大きく分けて2つの系統があって、もちろん両方食べたことがあるんですが、味が全く違います。東池袋系と永福町系があって、このお店は後者、永福... 2007/03/19 0:47:00

・【ニュース】東池袋「大勝軒」閉店
つけ麺(めん)発祥の店として知られる東京・東池袋の「大勝軒(たいしょうけん)」が20日、のれんを下ろす。再開発による立ち退きで半世紀の歴史にピリオドを打つ。「おやじ」と慕われた店長、山岸一雄さん(72... 2007/03/21 0:18:18

大勝軒が閉店???
つけ麺で有名な大勝軒が今日で閉店だそうです。 いやあああ、、、、とても残念ですね、、、 ラーメン好きな私としてはとても残念です。 大勝軒はすべてのれんわけで営業してるんですよね?? だから、都内に同じ... 2007/03/20 23:04:56

大勝軒を応援するコミュ ミクシイ攻略
大勝軒とは東京都豊島区東池袋4-28-3にある「大勝軒」(店主・山岸一雄氏)をその端緒とする店舗。 自家製の中太麺、げんこつ・豚足・鳥・ひき肉・さばぶし・煮干・魚粉をベースとしたスープ、大きな豚モモを... 2007/03/20 11:44:20

ボリューム満点のつけ麺|もりそば@大勝軒 in 上野
こちら大勝軒、事前にボリュームの多さはリサーチ済みだったのですが、出てきてその麺の多さを目にしてまず驚き(汗タバコの箱でも置いた方がよかったでしょうが、普通サイズのこちらでも麺はガッツリ300gありま... 2007/03/18 22:00:57

さらば大勝軒
平成19年3月、今日、池袋大勝軒閉店かぁ…。 再開発がその理由だと聞くが、道路作ればいいってもんじゃないよ、 行列店を無くして交通渋滞のない東京をって、なんかさ、スカスカにしたいのか。 大勝軒はさ..... 2007/03/20 12:29:56

大勝軒@飯田橋
... 先日3月20日は「つけ麺」の元祖東池袋の「大勝軒」が閉店しました。 都の再開発事業で立ち退くことになったからです。 残念ですね。。。 そこで僕も便乗して?20日に、飯田橋の大勝軒へランチに行... 2007/03/21 23:24:00

開花?
全然関係ないけど、ブクロの大勝軒店じまいか・・・残念!今年も選抜高校野球 母校関西出場!がんばれ! 2007/03/21 23:23:00

大勝軒(函館:七飯)
今日はドライブがてら、七飯駅前の大勝軒に行ってきました。昨日閉店した東池袋のお店ではなく、 永福町の流れらしいです。魚系のスープの中華そばで、他の函館のお店には見かけられないタイプだと思います。 ..... 2007/03/21 23:20:00

ラーメン大好き日本人
池袋のラーメン屋「大勝軒」が閉店しましたね。 つけ麺の元祖と言われたお店だそうです。 (ちなみに君津にも駅南口ロータリーにお店があります) 人気のあるラーメン屋ということもあってか、すごい行列が... 2007/03/21 23:14:00

監督……いや、カントク
... 冒頭、東池袋の大勝軒閉店特集のワイドスクランブル。VTRからがスタジオに戻り、司会者が「長い歴史に幕を下ろすわけですが、いかがですか、監督」みたいな感じで山本晋也にコメントを求めた。その際の... 2007/03/21 23:10:00

ラーメン♪大勝軒七福(池袋)
... 有力だったのは池袋の瞠、高田馬場の渡なべだったのですが、丁度テレビで東池袋大勝軒閉店の特集をやっていて、それを見ていたら自動的に大勝軒七福へ行くことになりました(笑)。 今日頼んだのは、... 2007/03/21 23:09:00

大勝軒
今日のお昼は,妻と娘と一緒に,「十二社(「じゅうにそう」。西新宿の地名)大勝軒」につけ麺を食べに行きました。  東池袋の本家大勝軒には,学生時代から何度も行ったことがあるのですが,近所にできた支店に... 2007/03/21 23:02:00

国分寺「自家製麺つけ麺 紅葉」つけ麺
昨日、東池袋の大勝軒 本店が閉店しました。 そんなニュースを見たからという訳ではありませんが、出かけるついでに国分寺の北口に昨年できた自家製麺つけ麺 紅葉でお昼を食べました。 味も量も想像があまりで... 2007/03/21 23:01:00

柔道整復師とはーーつけ麺とサスケの関係
... 大勝軒のおやじがつけ麺作りをやめて 閉店後に整復師をやればつけ麺整復師なのである。 整復師とは、もとに戻せることをもとに戻すことであろう。 覆面やつけ麺も多少の差はあれ元に戻すことがで... 2007/03/21 23:00:00

最新情報!
... 高樹千佳子 野尻佳孝 田波涼子 中西哲生 原史奈 菊地凛子 アレッタ・フェデリーコ ジュンジュン リンリン 政井マヤ 前川泰之 表久禎 速水もこみち 伊藤綺夏 まるまるちびまる子ちゃん 大勝... 2007/03/21 22:58:00

 

とうとう、東池袋の大勝軒が閉店です。再開発の予定地に入っているとのことでした。残念です。また、昭和の古きよきものが一つ亡くなりました。

学生時代は、よくお世話になりました。お世辞にも綺麗で、広いお店とは言えませんでしたが、そのつけメンの味は忘れられません。

また、そのボリュームのすごいこと。一度大盛りのラーメンを頼んだら、洗面器のような器に麺4玉ブンはあろうかというボリュームの麺が、目の前に登場いたしました。

他のお客さんも目も引いちゃいましたので、無理してでも食べなきゃと思い、何とか死ぬ思いで食べたことを思いだします。

ちょうど、店のテレビでは、フィリピンのマルコス大統領が失脚するクーデターの模様をお昼のニュースで放映していたような記憶があります。

その後も、並びを覚悟で、何度も行きました。

今、いろんなところで、新しいお店ができていますが、当時は東京のラーメンの5本の指に入るような超カリスマラーメン店でしたね。

昨年、テレビでこのお店の特集をやっていました。

正式にのれんわけしないのに、弟子でもない人たちが、勝手に「大勝軒」を名乗っているのに、大将は一向に気にせづ自由に店の名前を使わせていたそうです。なんと、度量の大きさでしょう。

ですから、記事中の弟子100人も本当に弟子なのかは分からないですね。

本当の弟子、は数名しかいないようですから。

まあ、いずれにせよ、ラーメン界のゆるぎないブランド名になったのですね。

新しいお店になったら、ぜひ食べに行きたいですね。

大将、いつまでもお元気で。
スポンサーサイト
Copyright © ニュースさえ、あればいい! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。