正当防衛・面白ニュース、仰天ニュース、芸能ニュースからあなたの街のタウンニュースまでニュースで世相を斬りまくります。政治や社会、文化、ゴシップニュースまで、ちょっと辛口のコメントにお付き合いください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正当防衛


[静岡男性殺害]刺した少女は逃げるため? 縛られ車で徘徊

 まあ、事件発覚当初から、だいたいこんな事件かと予想がつきますよね。15歳の少女とおやじですから。援交がらみか何かの犯罪だと思われました。

 この男性、38歳の掛川市の会社員、松下宏樹は一転被害者的立場から、誰も殺されたことに同情できないような男になっちゃいました。実名まで出ちゃって、恥ずかしいですね。

しかし、名古屋の派遣社員が男3人組みに拉致されて、殺されちゃった事件もそうですが、最近車を使って、強引に車内に引きづり込み、拉致監禁するような手合いの事件が多いですね。 こうなると、怪しい車や、道を聞いてくるような車には近づけません。

この手の車は大体ワンボックスか何かで、ガラスはフルスモークで中を見えないようにしています。そんで、運転席にはあくまで運転手一人しか乗っていないように見せかけて、スモークで見えない車内には、ほかに獣のような男が数名のっているなんてパターンです。ですから、そんな気配の怪しい車が近づいてきたら、関わり合わないのが一番です。

しかし、この15歳の女性には、内心、よくやったと同情したいですね。ぜひ、裁判でも正当防衛を主張してほしいです。まあ、生命の危険が現実にあったわけですから、正当防衛が認められる余地はありますが、過剰防衛の気配がないこともなさそうなところが気になります。

 もし、自分の娘だったら、決して非難はできないですね。「よくぞ機転を利かせて脱出した。」と褒めちゃうかも知れません。

(引用:Livedoorニュースhttp://news.livedoor.com/trackback/3295672

スポンサーサイト
Copyright © ニュースさえ、あればいい! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。